LAダウンタウンのトンネル。

この記事をシェア!

Location: Second Street Tunnel
Address: 620 W 2nd St, Los Angeles, CA 90012

ロサンゼルスを拠点に活動している映像制作会社
ハイボルのコーディネーターのSaiです。こんにちは♪

今回は「撮影がよく行われるロサンゼルスのトンネル」をご紹介したいと思います。

ロサンゼルスの東・ダウンタウンLAにある「セカンド・ストリート・トンネル」。

「セカンド・ストリートにあるから」 というそのまんま名前です。
全長が約460mあり、ダウンタウンの下を走っています。

画像1
画像2

このトンネルでは、なんと73本ものCMが2年間(2006-2008年)で撮影されました!

そして“最も目立つアメリカの都市のランドマーク”と地元紙LAタイムズに称されています。

このトンネルの大きな魅力は内装にあります。

光沢のある白釉タイルを内装に使用。


そのタイルが撮影で使用されるライトボックスと似たような働きをして


歪んだ反射などの面白いビジュアル効果を作り出すことができるのです。

画像3

自動車の撮影で使用されることが多く、アルファロメオやVOLVOのCMでも起用されました。

トンネル内が洗練された光沢のような背景として映り

内部を走る白いラインがミラーボール効果となって

トンネルから現れる車が白い光に包まれているように見えるのです!

画像4

ある自動車コラムニストは、このトンネルの出入り口の特徴を
「ハリウッドボウルの建物を想起させる光のフレアを帯びた建築構造を兼ね備えた、光り煌く東の入り口と光を放つ西の入り口。」と称しました。
“どこでも無いどこか”にも感じられるし、“ハリウッドの象徴”のようにも感じることができるトンネルだと、語っています。

セカンド・ストリート・トンネルは、サード・ストリート・トンネルの混雑を緩和する為に、1916年に建築が開始され、1924年に完成しました。


内装に使用されている光沢のあるタイルはドイツからやってきた製品でした。当時はちょうど第一次大戦の時期と重なっていたため、反ドイツ感情から論争も起こったといいます。

近未来のような印象をも与えるトンネルが、96年もの年を経て、今でも人々に愛されている。

なんとも歴史ある魅力的なトンネルです。

◉NOTE:ハリウッドボウルとは、1922年に開場したハリウッドにある野外音楽堂。ビートルズのライブ収録が行われるなど多くのアーティストやオーケストラがパフォーマンスを行っている。


この記事をシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。