カフェでの「確かになぁ」な話

ロサンゼルスを拠点に活動する映像制作会社、
ハイボルでインターンをしているERIです。こんにちは!

カフェが好きで、よくいろいろなカフェに行って、
まったりしたり、勉強したりするのが私の大事な時間のひとつでして、
居心地の良いカフェを探すのが趣味のひとつです!
コロナ禍でカフェ巡りを出来ないのは、非常に悲しい…。
早くもとの生活に戻れないかなぁと待ち遠しい!

画像1

そんなカフェでの時間を楽しんでいた際に、
カフェで「確かになぁ」って思わされたことがあります。

ある日、カプチーノを注文して待ってた時のことですが
作っている3人くらいの店員さん達の間で、
ちょっとした議論が始まりました。

「ただの ”コーヒー下さい” では分からないよね〜」

「ダークローストなのか、ミディアムローストなのか、ドリップなのか、”アメリカーノ” なのか ”コールドブリュー” なのかちゃんと言って欲しいなぁ」

私が注文した物を待ってる間に始まったので、何だか気になって
その議論についつい耳を傾けてしまいました。

あーでもない、こうでもないのコーヒーに対するお話が数ターン続いたあと
1人のスタッフさんが、

「でも、コーヒー下さいだったらなんとなくわかるんじゃない?」と反論。(ちょっとお客さんの気持ちを分かってくれようとした?)

ただ、残りの2人のスタッフさんは黙ってはいません

”コーヒー”ってだけ言われると、何だか私達が
”なんのこだわりもないただのコーヒー”を作ってるって思われているみたいだよ。」

と…。

わぁ!!プロのこだわり。

確かにそうだなぁ…。 何だかすっと納得してしまいました。

何の異論もありません!!

普段私たちは「コーヒー」と一括りに言ってますが、
種類によって違いますもんね!

例えばアメリカーノは、エスプレッソをお湯で割って作るし、

画像2

コールドブリューは、水から長い時間をかけてコーヒーを抽出します。

画像3

確かに、同じ「コーヒー」でも作り方から全然違います

しかもバリスタさんの「思いが込もったコーヒー」ですからね。
季節に合わせたドリンクだって考えて作られています。とっても一生懸命にお客さんの事を思って作られたコーヒーです。

今まで私も「コーヒーください」と注文した事も多々あります。

何だか失礼な事をしていたのかなぁと…。

これじゃぁクロワッサンを食べたいのに、
「パンください!」って言ってる様なものなのかぁと考えちゃいました。笑

何気ないことですが、
はっ!っと気づかせてくれるような話
小耳に挟むことが出来るのがカフェのまた別の魅力かなぁ
なんて思ったりした日でした。

これだからカフェ巡りはやめられません!

しかし、こういう「何気なくきちんと扱ってない」こと
自分の日常にもあるよなあ〜。

画像4

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です